※当時、自力で調べた知識を基に書いています。

 法律の専門家ではないので、詳細はご自身で調べてください。※



両家顔合わせが終わった後に元旦那の借金が発覚。

カードローン2社で230万程でした。

(他にも隠し持っていましたが…)


自力で返せない額ではなかったけど、

他に元旦那の自動車ローンもあったし、

話を聞くと借金を繰り返していて、

毎回家族に肩代わりしてきてもらっていたようなので、

しばらく借金できなくするために債務整理を選択。


債務整理って簡単に言うと、

「法律の力を借りて、借金をどうにかする」

ってことです。

「どうにか」の方法がいくつかあります。


1.自己破産

2.民事再生(個人再生)

3.任意整理

4.特定調停


自己破産は、借金がチャラになります。

その代わり、不動産等の財産を失ってしまいます。

仕事柄知り得たことですが、

自己破産の場合でも、自動車の所有が認められることもあるようです。

換価価値の無いような古い車であればいいのか、

所有権留保付きの車を、

きっちりローン払っていたら乗り続けられるのか。

ど田舎だと、生活必需品として認められるのか。

詳細はわかりませんが、自己破産しても

車を所有し続けている人がいるのは事実です。


民事再生は、住宅を手放すことなく、

住宅ローン以外の借金を減額できる。

ってよく聞きますよね。

当時、家は所有していなかったので、

あまり詳しく調べていません。


任意整理は、「任意」と名のつくとおり、

整理したいローンだけ整理する。

例えば、A、B、Cの3社に借金があって、

うちAとCの借金だけ整理するということが可能。

将来の利息の支払が不要になることが多く、

また払いすぎていた利息は返ってきます。

(正しくは、返還分が元本に充てられる。)

弁護士とローン会社が話し合いをして、

無理のない返済計画を立てることができます。


我が家も任意整理を選択しました。


特定調停は、任意整理を弁護士に依頼せず、自力でやる方法。

その話し合いの場が裁判所の調停になります。


ちなみに、任意整理をした場合、

完済から5年前後で自動車ローンは組めるようになります。

実際にローン審査通った人を知っています。

車屋さんでローンを組む場合、

車が担保となるため、審査が緩いのだと思われます。

金融機関の自動車ローンは無担保のため、

審査が通るかは不明です。



1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM